なぜか「面接に受かる人」の話し方
同じことを話しても面接にパスする人と落ちる人、その差は何か?
rakuten.co.jp

ジャク・大人のクリーム歯みがき
口臭を防止して口内の浄化をする大人の歯みがき
rakuten.co.jp

【開運】12ミリ玉天然透明本水晶「白銀龍」ペンダント
就職、転職に。総合運と浄化の石「透明水晶」
rakuten.co.jp


履歴書の志望動機の書き方

採用をゲットするために、まず大事なことは書類選考を通過することです。

転職、就職活動で成功する履歴書の書き方とは?
どんな履歴書をつくれば良いのでしょうか?

転職の転機を向かえた貴方、

ここはビッシと決めて、自分に合った仕事をゲットしよう!!

そのたまには、履歴書づくりから。履歴書の書き方のコツを掴んで、採用試験の第一関門と突破しよう!

履歴書の項目の中の志望動機は、企業の採用担当者が注目する項目の1つです。書類選考において、自分の言葉でオリジナリティな志望動機を書いてアピールし、他の応募者に差をつけたいところです。

まず、ハッキリしておきたいのは、自分がその会社へ入社してやりたい仕事です。考えてみても、何をやりたいのか分からない?のなら

「自分が何が不満で転職をしたのか?」

「転職をしようとしているのか?」

に焦点をあてて考えてみます。例をあげると、「IT企業の新市場への新製品の販売業務」への転職をしたいのであれば、現状の不満が「ルートセールスのマンネリ化した毎日が嫌だった」という点に気付き、やりたい仕事は「自分で新しいことに創り出す仕事」と考えを発展させます。発想を展開しイメージすることで、自分の中にある志望動機が見えてきます。

次のステップとして、こうして考えた「やりたい仕事」をより具体的にしていきます。

「貴社の斬新な商品開発の発想がポジティブな私に合っています。」のような抽象的な表現は、企業側は見飽きています。

履歴書の志望動機の書き方のコツは、「御社の新製品を一から立ち上げた取り組みには共感しております。私も学生時代に、サークルを一から立ち上げた経験があり・・」というような感じで、志望先企業の業務内容と自分の経験が結び付く点を見つけ、エピソードを交えながら具体的に書くことです。

そうすると採用担当者も貴方と企業の接点がイメージでき、印象深いものとなります。履歴書の志望動機は「どれだけ相手に貴方をイメージ納得させられるか?」が鍵です。


目に停まる履歴書とは

企業が求人募集の広告を出すと、沢山の応募書類が届きます。採用担当者は、応募書類の履歴書に目を通し、ふるいに掛けていきます。

貴方の転職、就職活動での始めのハードルとして、企業の採用担当者の目にとまる履歴書を書く必要があります。それでは、「目に停まる履歴書」にするには、どんな履歴書の書き方をすれば良いのでしょうか?

まず、企業の採用担当者が履歴書に目を通す時、真っ先に目が行くの写真です。写真だけが履歴書の中で唯一ビジュアルに表現できる項目です。時間がないような時でも、スピード写真は避けて写真店で撮影したものを使うようにします。スピード写真は人相が悪く写ってしまいます。どんなに記述項目が完璧でも、写真の印象が悪いのは大きなマイナスです。服装や表情なども注意しながら専門家に撮影をしてもらいましょう。

次に目が行く項目は、「志望動機」と「退職理由」です。ここも最優先に見る採用担当者が大半です。中途採用に関しては、これまでのキャリアやスキルを重要視されます。

採用担当者はこれらを志望動機と退職理由から読み取ろうとします。ですから、この2つの項目には、しかっりと自己PRを盛り込むことが重要です。但し、どの項目も熱意を伝えたいあまりに、履歴書に長々と文章を連ねる書き方は駄目です。

相手に伝えたいことをまず先に書き、後で簡潔にそれを説明し、文章にメリハリを付けるようにします。採用担当者に最後まで読ませることを心掛けます。

また、履歴書でさわりの部分を書いて興味をを持たせ、面接で詳しく説明するという書き方もあります。現状として企業の採用担当者も、簡潔にポイントが絞ってある履歴書以外は、目を通す時間がない場合が多々あります。

今まで仕事から身に付けたキャリアやスキルを具体的にアピールしながら、志望先の企業に熱意が伝わるように文章を書きましょう。まずは、書類選考を通過し、面接に駒を進めることが大切です。

提出年月日の書き方

履歴書には提出年月日を記入すう箇所があります。「○○年○○月○○日現在」という項目です。欄外(罫線の外側)にある場合が多いので記入するかどうか迷う方もいるかと思います。この欄は、最後に記入すると覚えてください。提出日が明確でなかったり、履歴書をまとめ書きする場合などがあるからです。日付は企業へ提出する日付を書きます。郵送するのであれば、投函する日付(年月日)を書き入れます。また、最後に記入する欄なので、ついつい忘れがりになります。必ず提出前に確認する癖を付けましょう。

書き方は「平成○年○月○日」として元号で書くのが一般的です。しかし外資系の企業などは西暦で書類を統一しているところもあります。外資系企業の場合は西暦で書いた方が良いですが、元号で書いても評価に響くことはないかと思います。注意点としては他の欄と統一することです。同一の履歴書内に元号、西暦が混在しないようにしましょう。

履歴書の印鑑

履歴書に使用する印鑑についてです。履歴書に使用する印鑑は、印鑑登録をしたものである必要はありません。市販されている三文判で十分です。しかし、氏名の文字が欠けているもの、外円の部分が欠けているものは使用するのは止めます。また履歴書に朱肉を使わないスタンプ式印鑑も使わないようにしましょう。実印については使っても構いませんが、気を付けたい点は大きさです。大きいサイズの立派な印鑑は、履歴書としては不釣合いな印象を与えることもあります。

印鑑を押すときは朱肉を使ってしかっりと押印します。押すときは左右、天地のどちらかに偏って力を入れるとうまく押せません。上から平均して力を入れると綺麗に印鑑をつくことができます。そして、押印ですが、履歴書に文字を記入する前に済ませます。これ大切なポイントです。よくある失敗談として、全ての項目を書き入れ、最後に印を押したら失敗をしたというものです。印鑑は先に押し、きちんと乾いてから文字の記入を始めましょう。はじめに印鑑を押してしまえば、押し忘れを防ぐこともできます。

住所・連絡先欄の書き方

履歴書の「現住所」「電話番号」「連絡先」など基本データの書き方です。現住所は、都道府県名から省略せずに記入します。。マンションやアパートなど集合住宅にお住まいの人はマンション名、アパート名はもちろんのこと、棟、階数、室番号まで正確に記入します。記入内容は住民票の住所と同じ表記で書くようにします。また住所に振り仮名を振るように履歴書のフォーマットがなっていると思いますが、氏名の場合とは異なり漢字のところだけで良いです。

電話番号は市外局番から書きます。特に東京都区内在住の方は「03」を忘れがちなので注意します。また、東京に所在のある企業でも人事担当者は東京以外にいる場合もあります。必ず市外局番は記入します。留守番電話があれば「留守番電話有」と書き、連絡を取りやすい時間帯などと併記しておくと良いでしょう。携帯電話での連絡希望の方は携帯電話の番号も記入しましょう。企業に求人の応募をした場合、面接や採用の連絡は電話を使うケースが多いので、書き方に配慮が必要です。

また実家のある地域で転職活動をする方などは実家の住所、連絡先も記入し、必ず家族へその旨を伝えておきましょう。特に一人暮らしの方は連絡が確実に取れるような配慮を必ずしましょう。

氏名の記入の注意点

履歴書の氏名を記入する欄は、他のスペースと比べてスペースが大きくとられています。氏名の一文字当りの大きさは1cm四方が目安と言われています。余白のバランスに注意しながら文字の間隔をそろえて書きましょう。氏名を書く際には、姿勢と正して気持ちを入れて堂々と書きます。名前の文字はその人の人柄を表すと言われています。丁寧にはっきりと書きましょう。くれぐれも小さい字でちゅこっと書くのは避けましょう。また、氏名を書くにあたり、戸籍に登録されている名前で記入します。仕事上などで通称を持っている方、履歴書には戸籍上の正式な名前で書くのが原則です。漢字は戸籍上の姓名が旧字になっていれば、「谷澤」のように旧字で書きます。

「ふりがな」をふるときは、履歴書の指定項目欄に「ふりがな」とあればひらがなで、「フリガナ」とあればカタカナで書きます。細かいところですが注意しましょう。また氏名にひらがなやカタカナが含まれている人でもかならずふるのが決まりごとです。かなを振る位置も気をつけたいところです。漢字に対応するように丁寧に書いてください。書き慣れた自分の名前ですが、良い印象を与える書き方を心掛けるべきです。

本籍の記入について

履歴書の本籍欄へは、自分の戸籍がある都道府県名を書きます。記入する際に注意することは、本籍地は自分の出生地でない場合もありますので確認をしておきます。市販の履歴書で「都道府県」の別を「○」で囲むようなフォーマットが多いと思いますので、「○」で囲むのを忘れないようします。○は正円で丁寧に書きましょう。細かいところですが、雑に○で囲むと履歴書全体が汚く見えてしまうこともありますので、丁寧に記入しましょう。

※最近の市販の履歴書の書式ではこの欄のないものもあります。その場合は記入しません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。